高崎と高知においてスキンケアに利用される食べ物

高崎と高知は遠く離れていますが、地域の気候が皮膚にとって過酷なことは共通しています。過酷な気候が観測されるために、昔からスキンケアのための知恵も生み出されてきた地域でもあり、現在でも皮膚の健康によい食べ物を利用する伝統が残っています。

高崎の冬は、赤城山や榛名山から吹き下ろす強烈な空っ風に代表される厳しさで有名です。太平洋側気候で空気が乾燥しますから、スキンケアをしなければ美白を維持することが困難です。高崎では冷たくて乾燥する空っ風に対処するために、家の敷地内に防風林を設ける伝統が残っています。皮膚の潤いを保つために、セラミドが豊富なコンニャクを食べる伝統も根付いている地域です。

高知の気候で特徴的なのは、一年を通して雨が多く、夏の暑さも厳しいことです。台風で大雨が続いた後には、日焼けの原因となる強烈な日差しが降り注ぎ、肌荒れなどのトラブルの原因をもたらしています。高知でもスキンケアを行う伝統がありますが、タンパク質や鉄分が豊富なカツオを食べることが有名です。カツオはスキンケアのためには特に優秀な食材ですから、長期保存のためにカツオ節を作ることも昔から行われています。

高崎と高知の食文化は現在でも大切にされ、スキンケアのためにも役立っています。地元で使われる健康食材は特別に高価なものではなく、誰でも気軽に利用できるものばかりです。高崎の榛名山麓は果物の大産地であり、桃や梨などが名産として知られています。高崎で暮らす人は、果物からビタミンCを摂取することで、肌の抗酸化作用を促進させています。温暖な高知でも果物作りが盛んですから、スキンケアのために必須となるビタミンCの不足を防ぎやすい環境に恵まれています。